管理者のたわごと

ここの所見学の問合せが毎日のようにかかってきています。やはりホームページの影響力は大ですね(管理者さまご苦労様(^^)。ただその方が本当にグループホームに適しているのか、そして何よりご本人が「ここに入りたい!」という気持ちが一番なんですよね。ただ、私もケアマネとして、あるいはグループホームの管理者として大切にしたいのは、例え、その方がグループホームにはあわずとも、ご家族そして何よりご本人が幸せになるにはどうしたらいいか、そのことなんですね。だいたい私が対応するときには一通り見学が終わったあと、1時間くらい、時間の許す限り、ご家族やCWの方とお話しさせて頂きます。来られる方はみな必死なんですね。入所していただく、頂かないに関わらず、しっかり、これまでの苦労などお話しをうかがわせて頂いて、晴れやかな気持ちでお帰り頂きたいといつも思っています。この前見学に来られた方も、入所はまだ急いでいなかったのですが、ご自身の背景や、入所希望のお母様の話しなどされるところで、「私もせっかくのご縁ですからいつでもご相談くださいね」とお声をかけると、急に号泣されて・・・。入所されている方も大切ですが、それだけでなく、ご縁のあった方全てが幸せになれるように・・・というのが私の気持ちですね。