何ができる?

京都市伏見区桂川河川敷で、認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件。
皆さんご存知とは思いますが、恥ずかしながら私は、昨日某TV局「○■ダネ」番組にて、この事件を知りました。責めることの出来ない悲しい事件です。 
 事件内容は、認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
被告は、母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めた。
被告は両親と3人暮らしだったが、10年前に父が死亡。
その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護したという。
 母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。
カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、1月末に心中を決意したという。
「最後の親孝行に」 と、被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、早朝、伏見区桂川河川敷の遊歩道で「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は 「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。被告が「すまんな」と謝ると、母は 「こっちに来い」と呼び、被告が母の額にくっつけると、母は 「康晴はわしの子や。わしがやったる」と。
この言葉を聞いて、被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、 自分も包丁で首を切って自殺を図ったが通行人の発見により一命を取り留めたという。
 裁判では検察官が被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2人のやりとりや、「母が大好きだった」「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も。
 目を赤くした裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返ったようです。 (新聞記事等より)
私の中では、答えが全然浮かびません。
働きに出ている間家に閉じ込めておけば、昼夜逆転は起こって当然です。地域密着・・・しかし、認知症の介護のコツを教える事が出来たとしても、日中の対応は誰が?介護には、ほとんどお金の掛かる事ばかりです。
何ができる・・・?

One thought on “何ができる?

  1. 認知症母殺害 長男に猶予判決(7/21)
     京都地裁、介護の苦しみ理解
     認知症母殺害を殺害したとして、承諾殺人などの罪に問われた被告(54)=京都市伏見区=に対する判決公判が21日、京都地裁で開かれた。裁判官は「結果は重大だが、被害者(母親)は決して恨みを抱いておらず、被告が幸せな人生を歩んでいけることを望んでいると推察される」として懲役2年6月、執行猶予3年(求刑・懲役3年)を言い渡した。
     判決言い渡し後の説諭では「介護保険や生活保護行政の在り方も問われている」と強調。
    「生活保護の受給で社会福祉事務所に相談した対応で被告が『死ねということか』と受け取ったのが本件の一因とも言える」と行政の対応に苦言を呈した。
     判決によると、被告は今年1月末、介護のために生活が困窮し心中を決意。
      判決理由で裁判官は「尊い命を奪う行為は強い非難を免れない」としながらも、「昼夜被害者を介護していた被告人の苦しみ、悩み、絶望感は言葉では言い尽くせない」と、被告の心理状態に理解を示した。
     また、判決文を読み終えたあと、被告に「朝と夕、母を思いだし、自分をあやめず、母のためにも幸せに生きてください」と語りかけた。
    (産経新聞) より

Comments are closed.