クマのひとりごと

おはようございます。
デイサービスのクマです。
昨日の木曜日はお休みとなりました。
さて水曜日にご利用された方のご家庭で最近になって犬を飼い始めたそうです。
ちょうど私が朝、送迎でご自宅までお伺いしたらご利用者様とご家族がちょうど出かけるところでした。
送り出されるお嬢様の腕に何やら可愛い黒い塊が・・・
よく見ると可愛いミニチュアダックスフントの子供でした。
ただでさえ可愛いワンちゃんの、子犬と言ったらもう可愛らしさはグンを抜いています!
その場では声をおかけしなかったので車に戻ってからご本人に聞いて見ました。
クマ「さっきいた可愛いワンちゃんはどうしたんですか?」
利用者様「あの子ね、娘がね、母さんは昼間寂しいだろうってわざわざ飼うことにしてくれたの」
クマ「ええ~~!そうなんですか!」
利用者様「そうなのよ 普段は娘もきついけど心が優しくてね~」
デイサービスに帰ってからも僕がその話を切り出すと全員、動物大好きな職員なのでその話題で持ちきりになりました。
「名前はなんて言うんですか?」
「いつからあ飼っているんですか~?」
と、こんな調子です。
そこでも他のご利用者様の生活を把握しているので皆様ひとりひとりの大切なペットへの気遣いも。
「○○さんの子猫ちゃんは大きくなりましたか?」
「□□さんのワンちゃんは元気?」
などです。
こうしてかわいいペットから始まった話題は午前中の話題の中心になりました。
それにしても可愛いですね!
僕の家にもどうきょかぞくのようにインコのチビちゃんがいます。
今日は精一杯かわいがってあげよう!っと。