クマのひとりごと

おはようございます。
デイサービスのクマです。
先日営業に回っている時に素晴らしいことがありました。
いつも通りケアマネージャさんのお仕事場にお邪魔して
デイサービスバナナ園新聞をお配りしていました。
最近は顔を覚えて下さってきたこともあってみなさん笑顔で応対される方が増えてきています。
そんな中、以前から仕事を頂いている事務所に伺った時のこと。
クマ「お世話になります」
F社「はいはい」
中略
クマ「バナナ園の印象はどうですか?」
F社「以前から長くやってきているでしょう 毎回お願いする度に利用者さんから ”安心できる”とか”あそこはいいぞ” と感想をいただくんです」
クマ「ありがとうございます」
F社「私も デイサービスバナナ園さんなら安心だと思います。
信頼して任せられるデイサービスですね」
クマ「ありがとうございます」
F社「総じて介護レベルも高いし、心のこもったサービスを実践していると思います」
クマ「ありがとうございます」
もうお話を聞いていて恥ずかしいし、誇りに思うし、涙が出そうになりました。
今まで頑張ってきたスタッフに直ぐに伝えたい気持ちでした。
介護の仕事をしていて直接的に関わるご利用者様、入居者様の感想は比較的聴くことができるのです。
しかしケアマネージャーさんの感想を聞けるのは営業に出るようになってからのこと。
デイサービス・バナナ園に帰り、直ぐにスタッフに誇らしげに話をしました。
今日は雨。
夕方からは幸区通所介護部会です。
笑顔で楽しく頑張ります!