町 亞聖<まちあせい:日本テレビ情報エンタテインメント局>さんにお話を伺いました

日曜日の朝、日本テレビ系「TheサンデーNEXT」のアシスタント・プロデューサーを努めながら番組内で野村克也元監督のインタビューアーもしている町亞聖<まちあせい>さん、アナウンサーとしても活躍されていましたのでご存知の方も多い筈。町さんは18歳から10年間、お母様の介護を経験されました。日本テレビ入社後、その経験を生かし報道記者としても医療・介護問題に積極的に取り組んでいらっしゃいます。 矢野:町さんのご活躍、テレビを通して拝見しています。さて、早速ですが町さんはジャーナリストのお立場で介護保険のこの10年を振り返りどのような感想をお持ちですか。 町:様々なことがありました。当初お年寄りに出来ることだけでなく「出来ない事は?」と問いかける「要介護認定」のあり方に疑問を感じました。ただし何らかの「ものさし」は必要です。全てのお年寄りが必要なサービスを受けられるよう実態に即した認定を行って欲しいと思います。また、本来家族介護の苦しみを開放するための介護保険でありながら、逆に昨今はケアワーカーなど介護者の心の問題がクローズアップされています。更に、数年前叫ばれた「介護予防」、流行のように介護施設にフィットネスマシーンが導入されましたが、予防も確かに大事ですが「最優先するべきことなのか?」と思いました。その他、医療と介護の連携等様々な問題が浮き彫りになりました。取材を通して感じるのは介護される人の視線で問題解決に当たること、それと、介護者教育、質の向上です。 矢野:事業者のモラルの問題もありましたね。介護者の質の問題と併せ、事業者自身も襟を正す必要があると思います。 町:介護の世界に入ってくる若い世代に、処遇や待遇は勿論、介護することの喜びを与えてくれるような、事業者やモデルケースが必要だと思います。 矢野:私たちもグループホームという介護形態の中で理想を目指したいとおもっています。 町:私自身が介護を続けてきたこともあり、本来介護は「出来れば在宅で」というのが私の考えですが、介護保険制度が始まった当初からグループホームが今後の介護の「鍵」を握ると注目されてきました。様々な介護現場を取材していますが、少人数、家庭的な雰囲気のグループホームはひとつ理想の「介護の形」ではないかと思います。それだけに先日の札幌での火災は残念でなりません。 矢野:その通りです。「行政」の指導のほかにも「ハード」「ソフト」両面で課題は山積です。 町:やはり介護される人の立場に立って考えていかないと・・・、「老いるとは」「呆ける」とはどういうことなのか、行政も含め介護に関わるすべての人たちが、原点を見つめなおして考えていかないと、理想には近づけないと思います。 矢野:さて、町さんの介護経験についてお話を伺いましょう。 町:私が高校3年生の冬、母がくも膜下出血で倒れ、手術で一命は取りとめたものの半身マヒと言語障害 、そして知能の低下もありました。介護保険は勿論、情報も少なかった時代ですから、全てが手探りで した。当時、弟が中学3年、妹は小学6年の育ち盛りの時期。介護と共に主婦、学生と一人三役をこな しました、大学の講義の最中に、その日の献立を考える毎日でした。母は仕事をしながらよくやってい たなと思いました。 矢野:青春の真っ只中に、本当に大変でした。 町:全然そうは思っていないのです。あの経験が無ければ今の道には進んでいなかったと思います。家 族皆で母の介護をすることで家族の絆も深まったと思いますし。明るく介護をしていました。 町:でも私は母に対して厳しかったかもしれません。生活を共にしていくわけですから「出来ることは してもらう」という方針で臨んでいました、病院でのリハビリはあくまで機能訓練で、やはり生活をするた めのリハビリは生活の中でと、洗濯物をたたむところから始め、やがては茶碗を洗ったり、車椅子に乗りな がら掃除機を操るまで回復をしました。そんな母が5年ほど経ったとき「化粧をしたい」と言い出した ときは本当にびっくりしました。 矢野:それが介護で最も大切なこと、「してあげる」はその人の為になりません。 町:私は母のおかげで多くの大切なことに気づきました。できれば「皆さんには介護が必要になるる前 に知って欲しい」という思いがあります。例えば駅前の迷惑駐車。健常者にはわかりませんが、車椅子 が必要になって初めて「迷惑」ということが分かる。... 続きを読む

札幌のグループホームの火災について思うこと

7人が死亡した札幌市の認知症高齢者けグループホームの火災を受けて、当社のグループホームも一斉に消防の立ち入り検査を受けた。過去の痛ましい事故の教訓から、防火・災害時の訓練は怠ってこなかったこともあり、行政上特段の問題はないとのこと、取り敢えずはホッとしたのが本音ではあるが、行政上のレギュレーションに沿っていれば良いという問題では勿論ない。入居者、従業員の安全を守るために本当に何をしなければならないかを今一度考え直さなければならないと思う。 この火災により、「グループホーム」という介護形態や言葉が一気にメジャーになった。一部のメディアでは「高齢者施設」として報道されているし<実際にそうであるのだが>介護保険上はいわゆる「老人ホーム」ではなく「認知症対応型共同生活介護」と言い、在宅サービスのひとつとして位置付けられている。建築法規上の扱いも福祉施設ほど厳しくないのも事実。しかし、現実は、これはまさしく「高齢者施設」であり、「小さな老人ホーム」なのである。そろそろ、この曖昧なスタンスを修正する必要もあるのではないだろうか?とも思う今日この頃である。 ... 続きを読む

経済評論家 亀岡大郎先生と対談

社会福祉法人ばなな会の矢野理事長が2月3日、経済評論家の亀岡大郎先生と対談をいたしました。この対談は高齢者住宅新聞2月25日「亀岡大郎のトップ会談」に掲載予定です。 亀岡先生は、大正15年生まれの現在83歳!亀岡大郎取材班を主宰、。松下幸之助氏をはじめ、日本の名だたる経営者と親交を持ち、今もってペンを握り原稿を執筆されている。対談というより「元気をいただいた」とは弊社矢野の弁。乞う!ご期待! ... 続きを読む

雑誌「Better Care」

先日、この業界の様々な方が集う会合<飲み会>に参加しました。介護事業者は勿論、業界紙・誌編集者・編集長<元も含め>、ライターさん、カメラマンさん、更にゼンセン同盟の広報部長さんまで。 そんな中、介護雑誌「Better... 続きを読む

5月8日午後6時を回った夕暮れ時、雨中の営業を終え川崎駅にたどり着くと、歩道やバス停にいる人々が携帯を天にかざしている、その方向を見ると、何と東の空に見事な虹が架かっているではあーりませをか!今日は晴れたかと思ったら急に降りだしたり、妙に蒸し暑かったり、ちょっと不安定な天気でした。さて前回虹を見たのはいつぞやの事などと思いつつも、虹を見るよりもあっちこっちで携帯を天にかざす風景が展開、一昔前では絶対に見られない光景。今日は週末、居酒屋で格好の酒肴になるのでしょう、この写真が! ... 続きを読む

俳優の長門裕之さんにお話をうかがいました!

11月3日テレビ朝日にて放映されたからドキュメンタリー番組『報道発ドキュメンタリ宣言』にて奥様の南田洋子さんの「病」と闘う姿、そして自ら介護する、ありのままの姿をテレビで公開された俳優の長門裕之さん、大きな話題になり、多くの方に感動や勇気を与えてくださいました。 私たちが当社の発行するフリーペーパー「BANANA... 続きを読む