第17回かながわ福祉公開講座

6月24日土曜日神奈川県社会福祉会館にて介護福祉士を目指す学生に向けて、Y○C○福祉専門学校卒業生として約350人を前に、介護での体験発表をします。在校生5校が出席し、卒業生は特養・老健・GH・デイ・病院・障害者・・とそれぞれの分野で活躍する方々が話をするとの事で、大学・専門・看護学校・短大の10校から卒業生代表1名が発表します。大勢の前で話をするのが苦手な為、今から、心臓がバクバク!とっても緊張しています。何を話そうか、伝えようか通勤電車の中で考えています。
私は、訪問介護を主として仕事をしている為、訪問介護について話をするべきなのか、それとも、介護福祉士として現場で必要な事を伝えるべきなのか迷っています。①コミニケーションの大切さ②実習目標・記録を生かす の二点を中心に話をしようと現在まとめているところです。私の発表順番が最後にあたっている為、他の卒業生が同じ事を話してしまわないか心配です。アドリブも緊張して言え無そうです・・・。バナナ園では、多くの研修を行っていますが、講師として前に立ち話をする事が出来る介護者を本当に凄い!と思います。はぁ~・・出来るのならば変わってもらいたいです・・・。これから介護福祉士を目指す在校生に、心に残る話が出来るように頑張りたいと思います!!